お疲れ様でした & BSBC

昨日の20170715 お疲れ様でした〜

さすがにイベント後の当日は疲れがひどくて

BLOG更新できませんでした〜、すみません

 

いや〜、しかし真夏の夜の白熱したみんなの走り...

ゴールで胸を熱くしてたのは僕だけじゃないはず

 

 

20170715って何ぞやって人は数年後にまたやるかもしれないから

その時はぜひ参加してみてくださいな〜

こういうのは参加した人しか分からないぐらいが、ちょうど良いと思うので...

それっぽい文章を書いて参加者を増やしたいっ!てわけではないので〜

 

さて今回優勝した男の名前は『ミッキー』

ちなみに優勝タイムは、31:17 

うん、早いけど歴代のタイムでいうと第4位

いや〜、あの頃の人の中には化け物がウヨウヨいましたからね

 

せっかく優勝したんだし、あえてダサめのピースを強要してみました

3周ぐらいしてピースサインって何だか今の僕には新鮮だったり...(笑)

 

 

さて、ここ最近 BLACK SOX BICYCLE CLUB の面々の活躍が目立ってきているような...

少し前に行いました TRACK BIKE UNION でも優勝したのは BSBC クルーの1人...

 

あえて言うならば、他の人達どうした(笑)

 

ここで BLACK SOX BICYCLE CLUB とはなんぞやと思う人が

僕や25LASのお店を知って間もない人の中にはいると思うのですが

まあ言うなれば自転車を目一杯楽しんでる宗教的なものだと思って

もらえたら、まあ正解みたいなもんです

 

25LASはあくまでも大前提でお店です、シクロのチームはもっていますが

BLACK SOX BICYCLE CLUBはチームという概念とは

少し違う何かがあるような気がします

あえて詳しい説明はしませんが少しだけ触れてみたいと思います

 

少し自転車が好きな人であれば

みんなロードやシクロは乗るけど BSBC は

それにプラスでTRACK BIKEにまでまたがって、東京という街を目一杯使って

遊んでいるのってBSBCクルーだけだと本気で僕は思っています

 

かといって別にストイックなわけでもないし

ふざける時はとことんふざけるし、

もちろんやる時はとことんやりますけどね

 

もちろん正式な入会なんてものもないし契約なんて物も、もちろんない

自転車で思いっきり遊びたいって人がただただ集まった感じ

乗ってる自転車の車種なんて関係なく、いつでも誰でも大歓迎!!!

BSBCのSOXやTシャツを身につけたり、ステッカーを貼っただけで

そんな宗教の一員になった気になって思いっきり楽しんでもらえたらなって

 

ちょっと東京の街に繰り出して、少し面白そうな、かっこいい、

なんだか気になる自転車や乗ってる人達をよ〜く見てみてください

きっとどこかにBSBCの何かが付いてたり、身につけたりしてるはずだから

 

もちろん東京だけでなく、地方の方々にも

楽しんでいきたいって気持ちがここ最近グッと広まってる気がします

本当にありがとうございます

 

 

BSBCにはいろんな人がいます

25LASではなく違う自転車屋に勤務していたり

自転車のビルダーだったり、違う宗教の布教に精を出していたり

ただのサラリーマンだったり、学生だったり、コーヒー屋だったり

ただのパリピだったり、ニートだったり(笑)

 

そんな BLACK SOX BICYCLE CLUB がきっともっと

何かを面白くしてくれると思います

 

そんな感じで、今後とも応援よろしくお願いします〜

 

話しは長くなりましたが

本日の1台は今回の20170715の優勝者の車体

LOOK の AL464P です 

 

この車体で新代田→新木場 31:17 でした

 

 

レースの時はBSBCの面々はロードっぽい装備の車体を

ここ最近は乗ることが多くなってきてますね

僕も、実際にそうだし

 

 

ギアがない以外は、本当にロードみたいな見た目

 

 

 

 

昔のLOOK 464 と少し仕様が変わっていて何だか昔に464を乗っていた身としては

エンド付近とかは昔のシュッとしてた感じの方が良かったなぁ〜なんて

 

 

ホイールもハブは前後PAULで

リムはフロントは ALPHA 340でリアはオープンプロと鉄板な感じ

 

フォークのカラーも昔の白黒の方が...

 

 

でも車体のつや消しブラックの感じは、すごく好み〜

 

SEE YA ON THE STREEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEET!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL